小森眼科クリニック

2016年12月8日(木)眼科開院

TEL:077-581-1313

休診のお知らせ

ゴールデンウィーク期間中の休診について

2020年5月2日(土)から2020年5月6日(水)まで休診とさせていただきます。
2020年5月7日(木)より通常通りの診察をおこないます。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承ください。

ごあいさつ

このたび、生まれ育った愛着のある滋賀県守山市で眼科専門のクリニックを開院させていただくことができ、とても嬉しく思っています。

私の専門は網膜硝子体手術と白内障手術であり、京都府立医科大学眼科の網膜硝子体グループに17年間在籍、うち7年間はグループの責任者を務めました。大学病院では、糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性などの診療にあたり、多くの重症例の手術をおこなってきました。これまでに執刀した網膜硝子体手術は4500件、白内障手術は6000件を超えています。手術に伴う痛みの軽減を特に重視しており、少しでも苦痛の少ない手術を提供できるように努めてまいりました。これまで、京都府立医科大学附属病院、多根記念眼科病院といった全国的にみてもかなり症例数の多い病院で大勢の患者様の診療にあたり、また京都府立与謝の海病院(現:京都府立北部医療センター)では地域医療に携わったことから、専門の網膜硝子体や白内障のみならず、緑内障やまぶたの疾患などの一般眼科診療も多く経験する機会に恵まれました。国内での経験だけでなく、米国のハーバード大学、ほかドイツ、ベルギー、イタリアの世界的に著名な眼科病院で最先端技術を学んだ経験もあります。
それぞれの患者様にとって最適かつ最良の医療を身近に快適に受けて頂けるクリニックにしたいと考えており、最新の診断機器と手術設備を導入致しました。
これまで22年にわたる眼科臨床経験で体得した技術、知識を活かして、地域の皆様に信頼される眼科医院を目指し精進いたしますので、よろしくお願いいたします。

小森眼科クリニック
院長 小森秀樹

クリニックの特長

白内障手術、網膜硝子体手術、加齢黄斑変性などの硝子体内注射、各種眼科レーザー治療などを日帰り診療でおこないます。
大学病院で17年間おこなってきた最先端の網膜硝子体、白内障診療を身近に快適に受けていただけます。

医師の紹介

院  長

小森 秀樹

役職・資格

京都府立医科大学客員講師
日本眼科学会認定眼科専門医
医学博士
視覚障害者用補装具適合判定医
眼科PDT認定医

所属学会

日本眼科学会
日本網膜硝子体学会
日本眼科手術学会
日本白内障屈折矯正手術学会

学 歴

昭和58年 守山市立小津小学校 卒業
昭和61年 守山市立守山南中学校 卒業
平成元年 洛星高等学校 卒業
平成 7年 京都府立医科大学 卒業

経 歴

平成 7年 京都府立医科大学眼科入局
平成 8年 多根記念眼科病院
平成11年 京都府立与謝の海病院
(現 京都府立医科大学附属北部医療センター)
京都府立医科大学眼科 併任助教
平成17年 京都府立医科大学大学院医学研究科博士課程 修了
平成19年 京都府立与謝の海病院
(現 京都府立医科大学附属北部医療センター)医長
平成21年 京都府立医科大学眼科 助教
平成23年 ハーバード大学 留学
京都府立医科大学眼科 助教
平成28年 京都府立医科大学眼科 客員講師
平成28年12月 小森眼科クリニック 開院

診療科目

眼科

診療時間

診療時間
午前 09:00~12:00
午後 02:00~04:00 手術 手術
午後 04:00~06:30 手術

休診日 水曜午後、土曜午後、日曜・祝日

★…予約検査

アクセス

〒524-0045
滋賀県守山市金森町600-1

駐車場36台完備

JR東海道本線「守山」駅より徒歩約18分

近江鉄道バス「山柿団地」バス停下車徒歩約2分